松徳BLOG

こんにちは、理学療法士の寺岡です!

蒸し暑い日々が続いていますが、皆さんお体は大丈夫ですか??

この時期は、脱水症や熱中症の方が増える時期ですので適宜水分補給を心掛けましょう!!

 

話しは大きく変わりますが、新型コロナウイルスの事もあり自粛生活が続いていたため自己学習に力を入れていました!!

その内容は…心電図・トレーナー・呼吸器・人工呼吸器です!

画像 - コピー.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

それぞれ奥が深く時間がとても掛かる内容ですが、とても臨床で役に立つ内容です

時間を掛けて今、攻略中ですがまだまだレベルアップには時間が掛かりそうです…

ここの病院では自己研鑽として勉強されている方が沢山いらっしゃるので負けないように頑張ってます!

 

緊急事態宣言は、全国的に解除されましたが油断大敵です!!

皆さんも今回の自粛で、お仕事に支障が出たり、遊びに行けない・学校に行けないなど沢山あったと思います…

これを機に、皆さんも新しいことを始めてみるのはいかがですか?

こんにちは!理学療法士 廣坂です

新人職員が入職して約2か月が経ちました。

今年は理学療法士3名、作業療法士1名が新しく仲間に加わりました!

徐々に業務にも慣れ、先輩職員とのコミュニケーションも取れてきており、楽しく業務が出来ているのではないかなと思っています。

 

話しが大きく変わりますが、新型コロナウイルス対策による、緊急事態宣言が解除されました。

皆さんはどのようにおうち時間を過ごされていましたか?

私は料理を作ったり、ゲームでどうぶつの森をするなどそれなりに楽しく過ごすことが出来ました。

料理のレパートリーが増え、簡単な物しか作れなかったですが、ちょっと手の凝ったものなど作れるようになりました!!

新しい生活様式を取り入れながらのお仕事や学業など皆さん大変だと思いますが、ONE TEAMで乗り越えましょう!

こんにちは! リハビリ高島です!

先日、ヒヤリハット大会がありました!

リハビリテーション科ではルート管理について検討し、発表させていただきました。

ルートとは点滴やドレーン・バルーンバッグなどの治療に必要なチューブ類の通称です。

急性期の病院では、患者様は治療に必要なルート類が付いた状態でリハビリテーションを実施することがよくあります。その中で、ルートがベッド柵や車椅子などひっかかり、最悪の場合抜けてしまう(事故抜去と言います)恐れがあります。

患者様への負担はもちろんの事、他科への仕事の負担を増やしてしまうため引き起こさないように気を付けないといけません。

今回、ルート管理をテーマにヒヤリハットメモを検討していきました。

1~2ヵ月、KYT・勉強会・実技など様々な対策を行い、ルートに関して学んでいきました。

結果、優秀賞をいただくことができました。

最優秀賞ではなかったのは残念ですが、他科の発表は素晴らしいものだったので納得する結果でした。

写真は対策の勉強会の様子です。

今後も研鑽に努めていきたいと思います。

DSC_0042.JPG

 

新年あけましておめでとうございます。

今回は、松原徳洲会病院 名物(?) 「食堂」のお話。

リハビリテーションとは関係ないですが、当院の8Fにある職員食堂では毎月バイキングがあります。イベント月にはそのイベントに応じたバイキングが開催されます。食堂のメニューは事前にわかるので、その日に狙いを定めて食堂にいくスタッフもいます。バイキングの日はリハビリテーション科以外でも人気なのか、食堂も人であふれかえっています。

今までも台湾ファア・沖縄フェア・ハロウィンなど色々なテーマがありました。
今回はその中の、クリスマス限定「ケーキバイキング」の写真と、バイキングではないですが1月2日の海鮮チラシの画像を載せておきます。(ちなみに元日はおせち風の食事が出ます、患者様にも!)

職員価格で、お得においしい楽しい食事がとれるのは日々の業務のなかでもほっと一息できる時間です。
大体食べ過ぎて、昼から動くのが少ししんどいんですけどね。(-_-;)
お昼からの活力をいただいているのもまた事実。

学生さんは、実習中にも希望があれば食べる事ができますよ。

是非一度ご賞味ください。

クリスマス.png

正月.png

 

こんにちは。言語聴覚士の三好です。

11月16日に当院主催にて『新しいガンの診断と治療』というテーマで特別医療講演を開催し、スタッフとして参加させて頂きました。

寒さが厳しくなる中、多くの方に参加して頂け、共に医師・NPO法人団体の方の貴重なお話を聞く事が出来ました。

講演の内容は、「そもそもガンとは」[間違った情報が拡散する中で正しい情報の選択とは]でした。

私自身ガンという病気について難しいイメージがありましたが、わかりやすい内容となっており理解を深める事が出来ました。

また自分がガンだと世間に言いづらい人をサポートしてくれるNPO法人団体があることを初めて知ることもできました。

現在、2人に1人の確率でガンになると言われている時代なため、私も正しい情報を元に健康診断などを受けていこうと思いました。