特定検診

平成20年度より特定健診・特定保健指導がスタート

平成20年度から健康保険組合や国民健康保険等の保険者を対象にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診・特定保健指導が義務付けされます。健診・保健指導の内容もメタボリックシンドロームを予防・改善するためのものに変わります。

メタボリックシンドロームとは?

生活習慣病の主なものに高血圧症、高脂血症、糖尿病などが知られていますが、これらの共通の原因となるのが、内臓のまわりに脂肪がたまる内臓脂肪肥満といわれる状態です。この内臓脂肪肥満によってさまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。内臓脂肪が蓄積すると動脈硬化の危険度が上昇し、心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすくなります。

新たな健診では、生活習慣病におけるメタボリックシンドローム等のリスクに応じた保健指導が実施されます。検査内容も腹囲測定等が追加され、メタボリックシンドロームに着目した健診になります。

40~74歳までの方全員が対象

40~74歳までの被保険者・被扶養者全員が対象となります。配偶者や家族の方も含まれます。

専門の保健師が保健指導を実施

問診票や健診結果などをもとに、食事・睡眠・運動・喫煙・飲酒など個々の状況にあった保健指導が受けられます。
医師や管理栄養士も指導に参加し、皆様の生活習慣の改善を支援いたします。

現在、松原徳洲会病院でも平成20年度の特定健診・特定保健指導に向けて、準備を進めています。これまでの健診とは違い、特定健診・特定保健指導は健診終了後にも、中長期的にひとりひとりにあった保健指導を実施していくことにより、確実なメタボリックシンドロームを予防・改善を支援していきます。

特定健診・特定保健指導の実施により、皆様により良い支援をしていこうと考えています。
保健師ひとりひとりが積極的にアプローチをし、メタボリックシンドロームの予防・改善に努めますので、ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。