松原ハートセンター

ごあいさつ

松原徳洲会病院は心臓血管病では南大阪地域の中核病院として急性期医療をおこなっております。
循環器内科・心臓血管外科の協力体制のもと、いつ発症するかわからない急性心筋梗塞をはじめとする心臓血管病に対し24時間救急体制を充実させ、緊急検査や緊急カテーテル治療、緊急手術に対応しております。ご紹介患者さま・緊急患者さまをお断りすることは一切ございません。最新の技術と医療サービスでますます皆様からの信頼を得るよう努力いたします。今後ともご指導・ご鞭撻のほど何卒お願い申し上げます。

特長

最新鋭「64列マルチスライスCT」による冠動脈狭窄の評価

カテーテル検査と同等の診断能力を有し、CTのみで費用は7千円程度です。

日帰り心臓カテーテル検査、1泊2日を原則とした心臓カテーテル治療

短期間で検査及び治療が受けていただけて入院日数が短い分、精神的・経済的負担が軽く済みます。また、土曜日も平日と同様に検査及び治療が受けられます。

24時間体制で急性心筋梗塞・不安定狭心症に対する緊急カテーテル治療

毎年約100名の急性心筋梗塞や不安定狭心症の緊急検査や治療を行っています。

下肢閉塞に対するカテーテル治療

近年、足の動脈閉塞対し、カテーテルによる治療が積極的に行われてきております。当循環器科としても、患者さまの要望にお応えし積極的に対応させていただきます。

不整脈に対するアブレーション(不整脈治療:心筋焼灼術)

WPW症候群など脈が速くなる不整脈に対してカテーテルを用いた不整脈治療、心筋焼灼術を行っております。また、脈が遅くなる不整脈に対してはペースメーカー植込み術も行っております。

診療担当医

ハートセンター長
副院長 循環器内科部長
川尻 健司
循環器内科医 加藤 崇
院長 心臓血管外科部長 吉田 毅
心臓血管外科医 古井 雅人
垣井文八
内野学

川尻グループ共同施設サイト