研修プログラム

プログラム概要

プログラムの名称

松原徳洲会病院臨床研修プログラム

区分

基幹型臨床研修病院

研修スケジュール 年間研修予定(例)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 外科 内科 救急部門 内科
2年次 選択科目 精神科 産婦人科 小児科 僻地・離島

※選択科目は内科・循環器内科・外科・心臓血管外科・泌尿器科・救急・麻酔・脳外科・整形外科・病理・家庭医療・緩和ケア科(札幌南青洲病院)から本人の希望で選択することが出来る。

※救急は2年間を通じて救急診療部に所属。

各診療科研修の概要

内科(6ヶ月)

基本目標を救急・プライマリケアの実践できる医師の養成とし、1年次では6ケ月に渡り内科全般を研修する。入院では常時10名~15名の患者を受け持ち、外来では2,3年次研修医及び指導医のもと時間外及び救急患者に対応し、一般的な内科診療の基本を学び症状に合わせた治療を学習する。心肺蘇生術や採血注射点滴ラインの確保等の技術を修得し本院の特色である救急やPrimary Careに積極的に参加する。

外科(3ヶ月)

1年次に3ケ月間(必須)の外科研修を行う。また希望者は3年目以降も外科で継続して外科後期研修を行うことにより、日本外科学会専門医制度の外科認定試験を受けることができる。一般外科・消化器外科・救急・プライマリケアを基に、癌末期患者の緩和ケア医療の基本も修得できる点が本プログラムの特徴である。

救急部門(3ヶ月)

当院の臨床研修の目標は、救急・プライマリケアの実践できる医師の養成であり、2年間の研修期間において内科・外科等の専門医療と平行しながら研修を行っていく。1年次、2年次とも年間を通して4日に1度の当直による救急診療研修があり、救急車及び時間外外来をスタッフと共に担当する。当院は、日本救急医学会認定施設に認定されており、日本救急医学会認定医を取得できる内容の研修が行われている。

循環器内科(選択科目)

当院において循環器内科及び循環器内科医の役割を理解し、循環器医療を適切に行うための必要な基礎知識・技能態度を習得する。

心臓血管外科(選択科目)

日本外科学会認定の外科専門医資格を有するあるいは取得見込みであることを前提に、即ち一般外科の修練終了後にサブスペシャリティーとして心臓血管外科専門医認定機構の心臓血管外科専門医の資格を得ることを目標とする。

泌尿器科(選択科目)

初期泌尿器科研修は2年次の選択コースとなっており、1~4ヶ月の臨床研修を行うものとする。救急・プライマリーケアの実践できる医師の養成が当院の臨床研修の基本目標であり、そのために最低限の泌尿器科的知識・処置・手術を研修を通して習得する。

産婦人科(2ヶ月)阪南中央病院・吹田徳洲会病院(H29.4~)

妊娠の判断・管理、分娩の介助と管理、婦人科的診察法と婦人科疾患の診断、産婦人科手術まで産婦人科医療を適切に行うための必要な基礎知識・技能態度を習得する。阪南中央病院で研修する。

小児科(2ヶ月)阪南中央病院

頻度の多い小児疾患に対応できるために、小児科の知識を身につけ、適切な態度をもって診察・治療できる技能を習得する。阪南中央病院で研修する。

精神科(1ヶ月)吉村病院

日常診療で遭遇する精神症状や病態を正しく評価して、患者の心を理解し共感的に対応できるように、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・知識・技能)を習得すること。 地域精神医療を重視する最近の傾向を学び、メンタルヘルス全般に関する理解を深めること。吉村病院で研修する。

僻地離島研修(2ヶ月)

へき地や離島での医療・福祉資源に制約のある地域特性を理解し、救急医療、初期治療ができ、地域での保健活動や健康増進の行える臨床医として成長するために、日本の医療におけるへき地離島がどのようなものかを知り、単に「医学」という学問だけでなく「保健医療」という社会的側面を考慮し、特定の診療科にとらわれない総合診療を主体とした自立診療を経験する。

研修プログラム

1年次

内科/外科/救急/麻酔科
ER研修(通年)

2年次

産婦人科/小児科/精神科/僻地・離島/選択
ER研修(通年)。