当院臨床研修の特徴

研修の理念

徳洲会の理念に基づき、当院の目的(安全・安心・そして感動のある)医療を実践出来る医師の養成

臨床研修への取り組み

臨床研修への取り組み

臨床研修は義務化の始まった平成16年から厚生労働省臨床研修病院として認可を受け、基幹型臨床研修病院としてマッチングにも参加しております。
松原徳洲会病院では救急医療・特に一次救急を初期研修で重要視しています。胸痛・腹痛など診断のついていない患者様を診察することで初期診断からその適切なコンサルテーションまでの一連の基本的診療技術の習得を目標としています。また、2年間を通じて救急当直を行うことで「患者様を断らない」医師の育成を目指しています。
研修病院を取得した平成16年以降、救急搬送件数は伸び続けています。これは、研修医を中心に「患者様を断らない」という徳洲会の文化を実践し、常に患者様を断らずに診察をしつづけている結果だと考えています。

研修医を育てる環境

松原徳洲会病院  副院長 森田 剛史

私は、初期研修医はコメディカルに育ててもらえると思っています。今の松原徳洲会病院は医師の数こそ多くありませんが、ICU・病棟などの看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師など優秀なコメディカルがたくさんいて、研修医を育成できると信じています。医師だけでなく、全職員が研修医を育ててくれると確信しています。
松原徳洲会病院の病床数は189床ですが、300床規模の内容の研修ができます。一般内科、日帰り手術、循環器を中心に高度な医療を学んでください。また、もちろん後期研修の内容も充実しており、3年次以降に病院に残ることも可能です。

松原徳洲会病院 副院長 森田 剛史

充実した初期臨床研修

松原徳洲会病院では医療サービスの質向上に向けて2002年、病院機能評価の認証を受け、継続的な医療サービスの改善を行っています。そして医療サービスの向上のために教育委員会を立ち上げ、研修医だけでなく医師・看護師・コメディカル・事務職にもさまざまな研修教育を行っています。

研修病院の質の担保

認定証

NPO 法人卒後臨床研修評価機構が、国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、 臨床研修病院における研修プログラムの評価や研修状況の評価を行い、 臨床研修病院のプログラムの改善、よい医師の養成に寄与することを目的としています。
現在全国で211病院(2016.10.01 現在)が認定されており、当院
は徳洲会グループで3番目、全国で39番目に認定されました。
今後も研修の質の担保を確保し、よりよい臨床研修病院となるよう研修医とともに成長していきたいと考えています。