平成28年度 松原徳洲会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 21 41 43 114 269 371 753 1344 1039 270
当院では『地域に信頼される病院』を目標として、救急医療をはじめ、医療福祉と密接な連携を保ち、在宅医療までトータル的な医療、福祉を提供しています。社会は超高齢化に伴い60歳以上の入院患者数は、全体の約80%を占め高い割合となっております。入院疾患におきましても、高齢化にともなう肺炎や骨折も多くなっておりますが退院支援専門看護師や社会福祉士の早期介入により専門施設などへの早期転院や併設介護老人保健施設などの入所などにより、在宅への早期退院などのサポートに力を入れております。また、救急医療に関しては、24時間対応し内科・外科・循環器科・心臓外科・整形外科・脳外科など幅広く対応し、緊急手術や処置等にも多く対応しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 63 25.16 14.29 84.78
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 62 18.68 4.84 76.58
050130xx99000x 心不全 41 19.68 9.76 83.05
100380xxxxxxxx 体液量減少症 35 14.37 5.71 81.46
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 34 23.76 14.71 85.09
内科では、高齢化に伴い平均80歳以上の方の入院疾患がほとんどを占めております。疾患の多くは、誤嚥による肺炎、尿路感染症が上位を占めており介護施設、他医療機関、自宅など様々な所から救急車などでも受け入れを行っております。退院後は、在宅医療や介護施設への転院等患者様の状態と社会的背景なども考慮しながら早期へ自宅へ戻り日常生活が送れるようにサポートに力を入れております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 4 4.5 0 1.5
0400801099x00x 肺炎等(0歳) 2 4 0 0
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 1 3 0 3
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 1 3 0 4
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 1 2 0 8
小児科では、ご家族のご負担を減らすべく、できるだけ外来通院での治療を目指しています。また、入院していだいている病気は、主に呼吸器系の疾患で、肺炎・気管支炎などの下気道炎、上気道炎などになっています。入院期間は、重症度によりますが、2~4日程度で退院していただくことが多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 51 10.41 5.88 72.18
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 48 11.85 8.33 73.08
060150xx03xxxx 虫垂炎 39 3.72 0 38.95
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 31 18.35 3.23 75.32
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 26 7.35 0 69.46
外科では、外科疾患の中でも特に緊急手術を要する疾患が多い傾向があります。具体的には、進行がんによる小腸閉塞や大腸穿孔、腸管虚血、急性胆のう炎や腹膜炎などです。一方、日帰り手術センターでは、鼠径ヘルニア手術、下肢静脈瘤手術、痔核手術など年間200件以上の手術を20年来継続して取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 70 28.21 41.43 79.87
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 36 20.17 47.22 77.22
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 20 21.5 20 70.45
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 14 3.21 0 66.79
160760xx97xx0x 前腕の骨折 14 9.21 7.14 65.71
整形外科では、高齢者による大腿骨骨折(転倒、高齢による骨の老化)が入院疾患の多くを占めております。ついで、胸腰椎骨折、脊柱管狭窄、前腕の骨折となっております。骨折に対しては外科的治療(手術)、術後早期のリハビリ及び回復期病院やリハビリ専門病院への転院も行い、患者様が在宅へ早期に退院できるように努めています。また、併設されている介護老人保健施設へも積極的に入所することで、早期在宅への退院へ繋がっております。上記手術いがいにも人工関節置換(TKA)等にも力を入れております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 19 12.11 26.32 69.74
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 17 11.35 11.76 73.24
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 12 18.92 33.33 70.42
010060x0990401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 12 9.42 0 70.33
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 10 20 70 83.5
脳神経外科では、脳梗塞・頭部外傷等に伴う出血(血腫)の疾患が多く救急搬送での入院も多くなっております。意識障害分類JCS10未満では早期に治療を開始することで重症化しないように努めています。その他、脊柱管狭窄疾患などに対する手術も行っております。患者様の状態に合わせ、早期リハビリ介入や専門施設との連携により在宅へ復帰できるように努めております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 65 5.75 1.54 74.05
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 27 30.22 11.11 74.85
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 27 31.44 18.52 69.59
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 19 20.37 31.58 73.21
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 19 12.63 5.26 63.32
心臓血管外科では、単独の疾患別では下肢の閉塞性動脈硬化症が多く、他は心臓の扉の病気である弁膜症や突然発症し、命に直結する大動脈解離、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患などの心臓や大血管の病気を扱っております。昨年は、心臓・大血管に関る手術(開心術)は、176件でありました。末梢血管から大血管、そして心臓は動脈硬化との関連も多く、生活習慣病と密接な繋がりのある動脈硬化性疾患には幅広く対応させていただきます。また、基幹センターとして、大動脈センター、ハートセンターを設け24時間365日ドクターカー(モービルCCU)を完備し病院一丸となって体制を整えています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030340xxxxxxxx 血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎<鼻アレルギー> 5 2.2 0 78
030428xxxxxxxx 突発性難聴 4 11.75 25 51
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 2 6 50 57
030370xxxxxxxx 鼻ポリープ 2 6 0 73
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 1 3 0 43
耳鼻咽喉科では、鼻腔内の機能が外界の要因で変調をきたした状態の血管運動性鼻炎が多く、治療はアレルギー性鼻炎に準じた治療を行っています。風邪と、アレルギー性鼻炎との鑑別が難しい症例もあります。難治例には、レーザ治療や、下鼻甲介手術で奏功することもあります。突発性難聴の急性期発症には、高気圧酸素治療などを行っています。扁桃周囲膿瘍は、激しい咽頭痛、嚥下ができなくなる、悪化すると開口障害などが起こり、治療としては抗生剤による点滴と切開排膿(手術)などを行っております。その他、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎などの副鼻腔の疾患も多く診療に当たっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 40 4.15 0 73.2
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 29 1.1 0 61.62
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 20 10.7 0 67.85
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 15 5.47 0 69.93
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 12 15.33 16.67 76
泌尿器科では、膀胱腫瘍(良性)、上部尿路疾患(腎結石、尿管結石)、前立腺がんが入院疾患として多く、ついで前立腺肥大、腎盂炎や尿路感染症となっております。膀胱腫瘍、上部尿路疾患、前立腺がんに対しては外科的治療(手術)が主で体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)や前立腺がんに対するダヴィンチ(手術支援ロボット)を使用し最新の機器を用いて治療を行っております。上記疾患の他にも、慢性腎不全の患者様に対する維持透析の診療などにも当科であたり、入院・外来においての維持透析治療にもあたっております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x41x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 15 3.67 0 67.07
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 15 3.4 0 44.27
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 14 5.29 0 40.79
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 8 5.75 0 46
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 8 6.5 0 53
婦人科では、受診されその後入院となる患者様のほとんどの方は子宮がん検診と超音波検査(エコー)にて子宮や卵巣のチェックを行いますので、(子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮がん、卵巣がん等)上位5つが多い病名となっております。その他、高齢者による性器脱(子宮脱)も多い疾患の一つです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 142 3.85 0 67.99
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 95 1.61 0 69.51
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 45 16.56 0 69.04
050130xx99000x 心不全 22 13.86 0 77.14
050210xx97000x 徐脈性不整脈 21 10.67 0 80.95
循環器内科では、南大阪地域の中核病院として、狭心症や急性心筋梗塞といった虚血性心疾患を中心に24時間対応で診療にあたっております。循環器内科・心臓血管外科の協力体制のもと、緊急検査(心臓カテーテル検査等)や手術(虚血性心疾患に対するカテーテル手術等)に対応しております。また、緊急以外では日帰りの心臓カテーテル検査や冠動脈造影CT等を用い、狭心症や心筋梗塞の診断を行い短期間での検査及び治療を行うことで患者様への精神面、身体面の負担の軽減にも努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 5 9.6 0 77.6
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 3 11.67 0 63.67
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 2 14.5 0 75
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 2 7.5 0 65.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 2 8.5 0 69
消化器内科では、通常の内視鏡検査の体制が充分であるだけではなく、緊急内視鏡検査(上部・下部・膵胆管造影等)にも対応しています。現在、当院では大腸ポリープによる内視鏡的ポリープ切除術は、1泊2日にて治療に当たっております。また、食道・胃・大腸の早期がんの内視鏡治療にも積極的に取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 8 10 14 6 4 1 6,7
大腸癌 10 22 22 14 5 4 2
乳癌 0 1 1 0 1 1 1 6,7
肺癌 0 1 0 3 0 0 1 7
肝癌 0 1 6 0 4 4 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、主として緊急疾患である癌の患者様が多く、進行度はステージⅡ~Ⅳが多くなっています。特に、吐血や下血、急性腹症など、休日や夜間を問わず速やかに手術を決定しなければならない場合が多いです。また、臓器別の癌だけではなく、心臓疾患や人工透析などの合併症をもつ患者様の割合が多いのも特徴です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 9 10.78 52.22
中等症 103 24.56 79.63
重症 16 21.75 83.19
超重症 11 31.55 84.27
不明 0 0 0
肺炎の方の入院患者様のほとんどは高齢者の方です。高齢者になるほど重症度は高くなり入院期間も長期になります。早期治療とリハビリ又は専門施設などへ密に連携をとりながら、早期に自宅へ戻り元の生活ができるように努めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 7 4.29 69.57 0
その他 2 2.5 58 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 57 19.68 75.07 22.83
その他 35 19.74 73.74 6.52
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 13 83 0
その他 3 30.67 78.67 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞に関しては、(I63$)脳梗塞に分類される症例が最も多くなっております。急性期による脳梗塞は、迅速な診断と治療を行うことが重要であり早期にリハビリテーションや専門施設へのスムーズな転院で、在宅復帰していただくことを目指して努力しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 9 30.22 27.78 11.11 80.11
K654 内視鏡的消化管止血術 5 9.2 14.2 0 80.4
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 4 6.5 42.5 0 70.25
K386 気管切開術 3 38.67 92.67 33.33 66.33
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 3 5.67 12.67 0 73.33
内科では、胃瘻造設術や消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術などの手術を行っております。内科での入院疾患から新たに発症した疾患や併存している病気の増悪などの場合は、迅速に院内で専門科へ紹介し専門診療科による手術も行っております。患者様への、トータルサポートに努めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 71 0.11 1 0 65.48
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 0.84 4 0 63.02
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 37 0 0.27 0 67.43
K654 内視鏡的消化管止血術 30 0.43 14.47 13.33 75.53
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 28 0.25 3.54 0 43.14
外科では、外科疾患の中でも特に緊急手術を要する疾患が多い傾向があります。具体的には、進行がんによる小腸閉塞や大腸穿孔、腸管虚血、急性胆のう炎や腹膜炎などです。一方、日帰り手術センターでは、鼠径ヘルニア手術、下肢静脈瘤手術、痔核手術など年間200件以上の手術を20年来継続して取り組んでいます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 53 2.64 19.96 35.85 81.49
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27 3.04 28 37.04 77.63
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 24 0.5 4.29 4.17 58.33
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 22 3.36 19.14 22.73 63.45
K0821 人工関節置換術(膝) 13 1.15 24.38 92.31 78.31
整形外科では、大腿骨骨折術、人工骨頭置換術が非常に多く手術対象となる患者様はやはり高齢の方が多く平均年齢77歳~81歳となっております。その他では、関節内骨折観血的手術、脊椎固定術となっております。手術後のリハビリや、専門施設への転院などで早期に、日常生活に戻って頂く事を目標に取り組んでいます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 15 6.27 18.53 13.33 67.8
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 0.9 11.5 0 76
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 5 8.8 34 80 75.8
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 4 5.5 17 75 60.75
K1492 減圧開頭術(その他) 3 18.33 31.67 66.67 62.67
脳外科では、頸椎症に対する手術、慢性硬膜下血腫に対する血腫穿孔洗浄術が多く、その他水頭症に対するシャント手術など様々な手術に対応しております。H28年度より、救急対応の診療科としても追加し急性期~慢性期と幅広く脳外科疾患領域の診療に当たっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 72 1.94 6.74 1.39 74.31
K5551 弁置換術(1弁) 44 4.14 28.95 11.36 71.57
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) 31 4.06 23.68 6.45 72.42
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 27 4.07 30.22 18.52 70.59
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 23 2.96 16 30.43 73.26
心臓血管外科では、高齢化に伴い心臓弁膜症は増加傾向であります。当科では、一つの弁(心臓)だけではなく、複数弁または、他の心臓手術も同時に行う複合手術を含めると、年間約80件の弁膜症手術を行っております。ご高齢の方でも安心して手術を受けていただけるように、術後のリハビリテーションもしっかりとサポートさせて頂いております。また、大動脈瘤に対する浸襲の低いステントグラフト内挿術も盛んに行っています。当院では、大動脈センター、ハートセンターを設け24時間365日ドクターカーにて救急の患者様の受け入れを行い上記以外の緊急手術(大動脈瘤切除術(開心・開腹)、冠動脈バイパス手術、末梢血管手術など)幅広い患者層、病気に対応させていただいております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 59 0 1.34 0 75.98
眼科では、白内障に対しての水晶体再建術を施行しています。手術は、1泊2日で行うことがほとんどであります。その他、外来にて後発白内障手術や、網膜光凝固術なども行っております。当院にて対応できない疾患などは近医と連携を取り紹介にて対応を行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K331 鼻腔粘膜焼灼術 2 0 0 0 90.5
K331-2 下甲介粘膜焼灼術 2 0 0 0 65
K340 鼻茸摘出術 1 0 1 0 78
K341 上顎洞性後鼻孔ポリープ切除術 1 0 9 0 68
K352 上顎洞根治手術 1 1 7 0 72
耳鼻咽喉科では、鼻腔内の機能が外界の要因で変調をきたした状態の血管運動性鼻炎が多く、治療はアレルギー性鼻炎に準じた治療を行っています。風邪と、アレルギー性鼻炎との鑑別が難しい症例もあります。難治例には、レーザ治療や、下鼻甲介手術で奏功することもあります。突発性難聴の急性期発症には、高気圧酸素治療などを行っています。扁桃周囲膿瘍は、激しい咽頭痛、嚥下ができなくなる、悪化すると開口障害などが起こり、治療としては抗生剤による点滴と切開排膿(手術)などを行っております。その他、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎などの副鼻腔の疾患も多く診療に当たっております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 18 0 1.17 0 44.56
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 15 0 2.4 0 44.27
K877 子宮全摘術 12 0.92 6.58 0 48.17
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 10 0 4.3 0 44.9
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 7 0.57 1.14 0 41.86
婦人科では、子宮頸部(膣部)切除術、腹腔鏡下による卵巣腫瘍(良性)に対する手術が多く、手術当日入院で術後2日目(2泊3日)に退院され、社会復帰も早い手術となります。次に子宮筋腫や子宮腺筋症に対する子宮全摘術となっており、可能な限り腹腔鏡を用い、多くの場合腹部に小さな傷3ヵ所で子宮を摘出しております。この場合4泊5日の入院が必要です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 51 0.06 0.06 0 60.02
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 42 0.19 6.45 2.38 73.6
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 19 1 8.63 0 67.63
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 15 0.07 4.4 0 69.93
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 4.18 11.55 0 66
泌尿器科では、診断群別患者数でも多い上部尿路疾患、膀胱腫瘍に対する手術が多く、尿管結石に対しては体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)を積極的に行い入院期間に関しては、ほとんどが日帰り叉は1泊2日程度となっております。また、前立腺がんに対しては、ダヴィンチ(手術支援ロボット)を大阪府下の民間病院で初導入し治療にあたっております。その他、尿管ステント留置術及び定期的な交換(他施設など)からも積極的に行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 147 1.66 4.95 0 68.42
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 18 0 14.5 0 71.06
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 3.75 9.06 0 80.31
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 11 0.09 13.73 0 67
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 10 2.6 5.5 0 70.8
循環器内科では、南大阪地域の中核病院として、狭心症や急性心筋梗塞といった虚血性心疾患を中心に24時間対応で診療にあたっております。循環器内科・心臓血管外科の協力体制のもと、緊急検査(心臓カテーテル検査等)や手術(虚血性心疾患に対するカテーテル手術等)に対応しております。その他、洞不全症候群や房室ブロックといった不整脈に対するペースメーカー移植術にも対応しています。また、緊急以外では日帰りの心臓カテーテル検査や冠動脈造影CT等を用い、狭心症や心筋梗塞の診断を行い短期間での検査及び治療を行うことで患者様への精神面、身体面の負担の軽減にも努めています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 136 0 1.02 0 67.31
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 11 0 1 0 67
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 5 1 7.6 0 73.8
K654 内視鏡的消化管止血術 3 0 8.67 0 72
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 2 4 3.5 0 69
消化器内科では、大腸ポリープ切除術、胃・十二指腸に対する早期悪性腫瘍粘膜下層切除術(ESD)などが、多い手術となっております。その他、消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術、総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術も行っております。上記手術件数には上がっておりませんが、消化器外科とも連携し検査、手術対応も行っており、平成28年度にて内視鏡的乳頭切開術の全症例は46件となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 1 0.02
180010 敗血症 同一 41 0.96
異なる 27 0.63
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.33
異なる 1 0.02
当院では、敗血症が最も発生率が高い疾患となっており、その多くは救急車にて来院された高齢者患者様による肺炎、尿路感染症などの重傷者に多くまた、緊急手術を施行された方におきましては、全身状態が悪い方が手術後の合併症として併発することが多くなっております。
更新履歴
2017/9/29
平成28年度 松原徳洲会病院指標作成